通貨 - タラ (通貨)

通貨  >  タラ

タラ (通貨)

T
タラ(tālā)は、サモア独立国の通貨。補助単位としてセネ(sene)があり、1タラ=100セネである。通貨名はドルとセントのサモア語読みである。そのため、サモア・ドルと呼ばれることもある 。

タラは1967年に導入された。それまでは西サモア(当時)はニュージーランド・ポンドを使用しており、紙幣も硬貨もニュージーランドで発行されていた。タラは2タラ=1ポンドで置き換えられ、ニュージーランド・ドルに等しいとされた。ニュージーランド・ドルとの連動は1975年まで続いた。

通貨記号は従来はWS$であったが、近年はWSTやST、Tを使用することが多くなった。しかし現在でも、100タラ紙幣のようにWS$と記され、その後にタラと記されているものもある。

1967年に、1, 2, 5, 10, 25, 50セネ硬貨が導入された。青銅の1, 2セネを除いて、他の硬貨は白銅で鋳造された。1984年には、アルミニウム青銅貨の1タラが発行された。

紙幣は、1967年に西サモア銀行によって1, 2, 10タラが発行され、1980年には西サモア通貨委員会によって5タラ紙幣が発行された。1985年にはサモア中央銀行によって2, 5, 10, 20タラ紙幣が発行され、50, 100タラは1990年に発行が開始された。2008年8月1日、サモア中央銀行は5タラから100タラの5種の紙幣の新紙幣を発表した。

サモア諸島

サモア諸島(サモアしょとう、Samoa Islands)は、南太平洋上に位置する島々。オセアニアのうち、ポリネシアに含まれる。ニュージーランド とハワイ諸島 以外ではポリネシアで最大の面積の島であるサバイイ島 のほか、ウポル島 、トゥトゥイラ島 などからなる。

西経171度線を境として、西側の西サモアと呼ばれる部分がサモア独立国、東側の東サモアと呼ばれる部分がアメリカ合衆国の非自治的・未編入領域である アメリカ領サモアに分かれている。どちらもポリネシア系のサモア人が民族構成の大半を占めており、サモア語と英語を公用語としている。

言語

Samoan tala (English)  Tala samoano (Italiano)  Samoaanse tala (Nederlands)  Tala (Français)  Samoanischer Tala (Deutsch)  Tala (Português)  Самоанская тала (Русский)  Tālā (Español)  Tala (Polski)  薩摩亞塔拉 (中文)  Tala (Svenska)  Tala samoan (Română)  タラ (日本語)  Самоанська тала (Українська)  사모아 탈라 (한국어)  Samoan tala (Suomi)  Tālā Samoa (Bahasa Indonesia)  Tala (Lietuvių)  Samojská tala (Česky)  Самоанска тала (Српски / Srpski)  Samoa tala (Eesti)  Tala (Slovenčina)  Szamoai tala (Magyar)  Samoanska tala (Hrvatski)  Τάλα Σαμόα (Ελληνικά) 
 mapnall@gmail.com