国旗 - リトアニアの国旗

国旗  >  リトアニアの国旗

リトアニアの国旗

リトアニアの国旗は、黄・緑・赤の三色旗である。ヨーロッパの国であるが、偶然汎アフリカ色が用いられている。リトアニア共和国独立回復前の1989年3月20日に再制定され、2004年に縦横比が8:16から6:10に変更されている。

同様の三色旗はソビエト連邦に編入される前の1918年から1940年にかけても使用されていたが、当時の国旗は現在のものと比べると色合いが明るく、縦横比は2:3であった。

1940年から1989年(ただし1941年から1945年まではナチス・ドイツに占領されていた)まではリトアニア・ソビエト社会主義共和国の国旗が使用されており、1953年までは赤旗に鎌と槌が描かれ国名が書かれた旗が使用され、1953年からは赤旗に鎌と槌および星が描かれ、緑と白の帯が施された国旗が使用された。

リトアニアを象徴する旗としては、15世紀のヤン・ドゥウゴシュの著作『プロイセンの紋章』 (Banderia Prutenorum) に記録されている旗が、現在知られているものの中で最初の例である。1410年のタンネンベルクの戦い(グルンヴァルトの戦い、またはジャルギリスの戦い)では2種類の旗が用いられた。この戦いでは、約40の連隊が馬にまたがい敵を追う騎士の描かれた赤い旗を掲げ、また他の連隊はゲディミナス家の紋章が描かれた赤い旗を掲げていた。騎士が描かれた旗はヴィーティスとして知られ、リトアニア大公国やポーランド・リトアニア共和国の国章にも描かれ、18世紀末のポーランド・リトアニア共和国の分割によって国家が消滅するまで用いられた 。さらに現代においても国章に描かれており、また2004年からは政府旗として用いられている。

小リトアニアの旗

黄・緑・赤の三色旗を最初に提案したのが誰であるかは知られていないが、この案は19世紀ヨーロッパやアメリカといった海外へ移住したリトアニア人によるものと考えられている。この三色は民俗的な織物や衣装によく用いられる色であった 。1905年のヴィリニュス大会議において、この三色旗はリトアニア国民の旗としてヴィーティスの旗以上に支持を受けた。ヨナス・バサナヴィチュスが強く支持したヴィーティスの旗は3つの理由から選ばれるにはいたらなかった。まず、大会議ではベラルーシやウクライナなども領土に含んだリトアニア大公国の旗からは距離を置くことが望まれたことが理由としてあげられる。次に、マルクス主義者や共産主義者の主義主張に連合する革命家らが赤色を支持していた。そして最後に、ヴィーティスの旗は複雑で縫い合わせるのが容易ではなかったことが理由であった 。

国旗に関する議論は1917年のヴィリニュス会議で再び起こった。緑と赤の2色が民族の色として浸透していたことから選ばれた。芸術家のアンタナス・ジュムイジナヴィチュス (Antanas Žmuidzinavičius) は会議場を赤と緑の小さな旗で飾った。しかし代議員らはこの2色が暗く陰気なものだとしてあまりこのデザインを好まなかった 。その後タダス・ダウギルダス (Tadas Daugirdas) が朝日を象徴する黄色の細い帯を赤(朝日に照らされた雲)と緑(大地と森林)のあいだに付け加えることを提案した。しかし代議員らはバサナヴィチュス、ジュムイジナヴィチュス、ダウギルダスの3者による特別委員会によって問題解決するよう決定した。1918年4月19日、特別委員会はリトアニア評議会(タリーバ)に議定書を提出、上が黄、中が緑、下が赤の三色旗で左上にヴィーティスを描くこととされた 。評議会はこの提案を受諾したが、1922年のリトアニア共和国憲法では国章に関する条文が制定されなかった。こうして現在用いられている国旗が採用された。

第二次世界大戦中、リトアニアはまずソビエト連邦(ソ連)に、次いでナチス・ドイツに占領された。戦後はソ連に編入されたが、ソ連時代には2つの国旗が用いられた。戦後すぐは、赤旗に金色の鎌と槌が描かれ、リトアニア語で「リトアニア・ソビエト社会主義共和国」 (Lietuvos TSR) の国名が金色の字で書かれた国旗が採用された。1953年に変更され、赤旗に鎌と槌、星が左上に描かれ、下部に白と緑の帯が施された国旗が用いられるようになった 。

国旗 
リトアニアの国旗

国 - リトアニア・ソビエト社会主義共和国 (1918年-1919年)

リトアニア・ソビエト社会主義共和国(リトアニア・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく、Lietuvos Tarybų Socialistinė Respublika、Литовская Советская Социалистическая Республика)とは、1918年から翌年にかけてリトアニアに短期間存在した暫定国家である。1918年12月8日に率いる暫定革命政府によって独立が宣言され、1919年2月27日に白ロシア・ソビエト社会主義共和国と合併しリトアニア=白ロシア・ソビエト社会主義共和国(リトベル共和国)を形成したことで消滅した。

1918年11月11日、ドイツ帝国の敗北により第一次世界大戦は終結し、ドイツ軍はから撤退を始めた。2日後の11月13日、ボリシェヴィキ政府(ソ連の前身)はリトアニアの独立を保障していたブレスト=リトフスク条約を破棄 。赤軍はプロレタリアによる世界革命を達成するために諸民族の独立運動をソビエトのものに取って換えることを目論み、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、ウクライナなどの西方へ侵攻を開始した 。その軍は撤退するドイツ軍を追いかける形で続き、12月末までにリトアニアに達した 。
町字 - 国  

  •  ポーランド 
  •  ラトビア 
  •  ロシア 
  •  ベラルーシ 

言語

Flag of Lithuania (English)  Bandiera della Lituania (Italiano)  Vlag van Litouwen (Nederlands)  Drapeau de la Lituanie (Français)  Flagge Litauens (Deutsch)  Bandeira da Lituânia (Português)  Флаг Литвы (Русский)  Bandera de Lituania (Español)  Flaga Litwy (Polski)  立陶宛国旗 (中文)  Litauens flagga (Svenska)  Drapelul Lituaniei (Română)  リトアニアの国旗 (日本語)  Прапор Литви (Українська)  Национално знаме на Литва (Български)  리투아니아의 국기 (한국어)  Liettuan lippu (Suomi)  Bendera Lituania (Bahasa Indonesia)  Lietuvos vėliava (Lietuvių)  Litauens flag (Dansk)  Litevská vlajka (Česky)  Litvanya bayrağı (Türkçe)  Застава Литваније (Српски / Srpski)  Leedu lipp (Eesti)  Vlajka Litvy (Slovenčina)  Litvánia zászlaja (Magyar)  Zastava Litve (Hrvatski)  ธงชาติลิทัวเนีย (ไทย)  Lietuvas karogs (Latviešu)  Σημαία της Λιθουανίας (Ελληνικά)  Quốc kỳ Litva (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com