国旗 - オーストラリアの国旗

国旗  >  オーストラリアの国旗

オーストラリアの国旗

オーストラリアの国旗は、カントン部(旗の左上)にイギリスとのつながりを象徴するユニオンフラッグを、フライ側(旗竿の反対側)に国土が南半球にあることを象徴する南十字星を、そして左下に6州1準州による連邦を象徴する七稜星を配している。現在に繋がるデザインの旗は1901年9月3日に初めて掲揚された 。ブルー・エンサインを基にしている。オーストラリア陸軍も国旗と同様の旗を軍旗としている。

* 旗のデザイナーの一人、アイバー・エヴァンズは、詩人ダンテ・アリギエーリにならい、4つの星は正義・賢明・節制・忍耐を意味するとした 。また、当初、星の角の数は、実際の星の明るさに応じ、5から9であった 。

* イギリス海軍本部は単純化するために、大きい4つの星は全て七稜星、小さい1個を五稜星とし、1903年2月23日より変更を行なった 。このような変更の結果、1934年発行の官報により、現在のデザインが確定し 、1953年には国旗法が制定された。

a:ユニオンフラッグは旗竿側の上部四分の一(カントン部)を占める 。b:オーストラリアの6つの州とその他の地域を意味する大白星を旗竿側の下部四分の一部に配置し、星の向きは聖ゲオルギウス十字の中心に合わせる 。c:南十字星を意味する5個の星は、旗竿から遠い側(フライ側)に配置する 。

* みなみじゅうじ座α星(1等星):七稜星。フライ側半分の中心、下端より6分の1ほど上に配置 。

* みなみじゅうじ座β星(1等星):七稜星。フライ側半分の中で中心より4分の1ほど左、16分の1ほど上に配置 。

* みなみじゅうじ座γ星(2等星):七稜星。フライ側半分の中心、上端より6分の1ほど下に配置 。

* みなみじゅうじ座δ星(3等星):七稜星。フライ側半分の中で中心より9分の2ほど右、240分の31ほど上に配置 。

* みなみじゅうじ座ε星(4等星):五稜星。フライ側半分の中で中心より10分の1ほど右、24分の1ほど下に配置 。

国旗 
オーストラリアの国旗

国 - オーストラリア

オーストラリア連邦(オーストラリアれんぽう、Commonwealth of Australia) 、またはオーストラリア(Australia) は、オーストラリア大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。イギリス連邦加盟国であり、英連邦王国の一国となっている。日本での略称は豪州(ごうしゅう)である 。

言語

Flag of Australia (English)  Bandiera dell'Australia (Italiano)  Vlag van Australië (Nederlands)  Drapeau de l'Australie (Français)  Flagge Australiens (Deutsch)  Bandeira da Austrália (Português)  Флаг Австралии (Русский)  Bandera de Australia (Español)  Flaga Australii (Polski)  澳大利亚国旗 (中文)  Australiens flagga (Svenska)  Drapelul Australiei (Română)  オーストラリアの国旗 (日本語)  Прапор Австралії (Українська)  Национално знаме на Австралия (Български)  오스트레일리아의 국기 (한국어)  Australian lippu (Suomi)  Bendera Australia (Bahasa Indonesia)  Australijos vėliava (Lietuvių)  Australiens flag (Dansk)  Australská vlajka (Česky)  Avustralya bayrağı (Türkçe)  Застава Аустралије (Српски / Srpski)  Austraalia lipp (Eesti)  Vlajka Austrálie (Slovenčina)  Ausztrália zászlaja (Magyar)  Zastava Australije (Hrvatski)  ธงชาติออสเตรเลีย (ไทย)  Austrālijas karogs (Latviešu)  Σημαία της Αυστραλίας (Ελληνικά)  Quốc kỳ Úc (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com