言語 - ゾンカ語

言語  >  ゾンカ語

ゾンカ語

ゾンカ語 ( རྫོང་ཁ ) は、ブータンの国語である。シナ・チベット語族のチベット・ビルマ語派 チベット・ヒマラヤ語群に属する言語で、チベット語の南部方言に分類される。話者数は約40万人(1991年)。ゾンカの「カ」が「言語」を表すことから、本来は、ゾン語という意味であり、「ゾンカ語」ではなく「ゾンカ」が用いられる場合も多い。

ゾンカ語はブータン20県(ゾンカク)のうち首都ティンプーを含む西部8県(ティンプー、プナカ、ガサ、ワンデュ・ポダン、パロ、ハ、チュカ、ダガナ)に居住するガロン族の言語を元にしており、それ以外の地域ではリンガ・フランカとして使われる。

エスノローグによると、中央チベット語とは同系ではあるが、ヒンディー語とネパール語の関係と同様に、相互理解可能ではない。シッキムで話されているシッキム語とは部分的に理解可能である。ブータン東南部のツァンラカとは48%、中央のブムタンカとは47%~52%、東部のアダップとは77%の語彙の類似が認められる。

言語の歴史は12世紀に遡り、宮廷、軍幹部、高学歴エリート層、政府、行政機関の言語として発達してきた。「ゾンカ」とはゾン(僧院・行政・軍事の機能を併せ持つ城砦)の言葉という意味である。現在、国語として規定されており、国民議会使用言語、行政機関共通語、学校共通語、新聞使用語、放送用語の一つであるが、ゾンカ語地域以外での通用度は高くなく、むしろ英語やネパール語の通用範囲の方が広い。そのため、政府はブータンの共通語としてゾンカ語を強化・普及していく方針を打ち出している。

ブータン

ブータン王国(ブータンおうこく、འབྲུག་ཡུལ་)、通称ブータンは、南アジアの国家。北は中国、東西南はインドと国境を接する。国教は仏教(ドゥク・カギュ派)。民族はチベット系8割、ネパール系2割。公用語はゾンカ語。首都はティンプー。

長年鎖国政策をとっていたが、1971年に国際連合加盟。翌年に国民総幸福量という功利主義を採用した。

言語

Dzongkha language (English)  Lingua dzongkha (Italiano)  Dzongkha (Nederlands)  Dzongkha (Français)  Dzongkha (Deutsch)  Língua butanesa (Português)  Дзонг-кэ (Русский)  Idioma dzongkha (Español)  Dzongkha (Polski)  宗喀語 (中文)  Dzongkha (Svenska)  Limba bhutaneză (Română)  ゾンカ語 (日本語)  Дзонг-ке (Українська)  Дзонгкха (Български)  종카어 (한국어)  Dzongkhan kieli (Suomi)  Bahasa Dzongkha (Bahasa Indonesia)  Botijų kalba (Lietuvių)  Dzongkha (Dansk)  Dzongkä (Česky)  Dzongka (Türkçe)  Џонгка (Српски / Srpski)  Dzongkha keel (Eesti)  Dzongkha (Slovenčina)  Dzongkha nyelv (Magyar)  Dzongkha jezik (Hrvatski)  ภาษาซองคา (ไทย)  Dzongkha (Slovenščina)  Dzongke (Latviešu)  Ντζόνγκα (Ελληνικά)  Tiếng Dzongkha (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com