言語 - ニーノシュク

言語  >  ニーノシュク

ニーノシュク

ニーノシュク または ニーノルスク(nynorsk, 「新ノルウェー語」の意)は、ブークモール(bokmål, 「書籍の言葉」の意)とならんでノルウェーで公認されている文語(書き言葉)。亜種としてホイノシュク (høgnorsk) がある。

イーヴァル・オーセンの始めた言文一致運動に由来し、ノルウェー各地で話されている方言を文語に採用したものであり(ブークモールはデンマーク語の文語をノルウェー式にしたものである)、以前はそれぞれ「ランスモール」(landsmål, 土語、田舎の言葉の意)、「リクスモール」(riksmål, 国語、公用語の意) と呼ばれていたが、両者を指す概念として1929年からニーノシュクと称された。言語としてのニーノシュク(リクスモール)は、それまで複数あったノルウェー語の諸方言(ランスモール)を無理に統合して人工的に作ったものであるため、「公用語」でありながらノルウェー人の誰も理解出来ないと揶揄されている。一方、ランスモールの話者は人口の10~15%ほど存在しているとされるが、ノルウェーは方言の違いが大きいため、各方言間による意志の疎通は困難である。そのため、伝統的な権威ある共通語としてはブークモールが広く用いられており、また大都市部を中心に英語に習熟しているノルウェー人も少なくない。

ノルウェー

ノルウェー王国(ノルウェーおうこく、Kongeriket Norge/Noreg)、通称ノルウェーは、北ヨーロッパのスカンディナビア半島西岸に位置する立憲君主制国家である。首都は半島南端部に存在するオスロフィヨルドの奥に形成された港湾都市のオスロで、東にスウェーデン、ロシア、フィンランドと国境を接している。

国土は南北に細長く、海岸線は北大西洋の複数の海域、すなわちスカゲラック海峡、北海、ノルウェー海およびバレンツ海に面している。海岸線には、多くのフィヨルドが発達する。この他、ノルウェー本土から約1,000キロメートル (km) 離れた北大西洋上のヤン・マイエン島は固有の領土の一部として領有され、スヴァールバル条約によりバレンツ海のスヴァールバル諸島を領有している。南大西洋にブーベ島を属領として持つ。

言語

Nynorsk (English)  Nynorsk (Italiano)  Nynorsk (Nederlands)  Nynorsk (Français)  Nynorsk (Deutsch)  Língua nova norueguesa (Português)  Новонорвежский язык (Русский)  Nynorsk (Español)  Nynorsk (Polski)  新挪威語 (中文)  Nynorska (Svenska)  Nynorsk (Română)  ニーノシュク (日本語)  Нюношк (Українська)  Нюношк (Български)  뉘노르스크 (한국어)  Uusnorja (Suomi)  Nynorsk (Bahasa Indonesia)  Naujoji norvegų kalba (Lietuvių)  Nynorsk (Dansk)  Nynorsk (Česky)  Uusnorra keel (Eesti)  Nynorsk (Slovenčina)  Nynorsk nyelv (Magyar)  Nynorsk (Hrvatski)  Jaunnorvēģu valoda (Latviešu)  Nynorsk (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com