言語 - チェワ語

言語  >  チェワ語

チェワ語

チェワ語(チェワご、チェワ語: Chicheŵa)は、バントゥー語群に属する言語である。マラウイの国語(公用語は英語)で、マラウイ中南部を中心に、モザンビーク(テテ州など)やザンビア(東部州やルサカを中心に)で話されている。マラウイの北部では、公用語であることからチェワ語も通じるが、トゥンブカ語がよく使われている。

ニャンジャ語(Nyanja, Chinyanja)と言われることもある(別の言語として扱われることもあるようである)。

なお、チチェワ(Chichewa)とは「チェワ族の言語」(クラスマーカー "chi" + "chewa"「チェワ族」)という意味があるため、「チチェワ語」や「チニャンジャ語」とすると意味が重複する事となり、厳密には誤りである。

マラウイ

マラウイ共和国(マラウイきょうわこく)、通称マラウイは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。旧称はイギリス保護領ニヤサランド(Nyasaland、ニアサは「湖」の意)。首都はリロングウェ、最大の都市はブランタイヤである。アフリカ大地溝帯に位置する内陸国である。マラウイ湖の西岸にあり、東西の幅は90-161km、南北の長さは900kmと南北に細長い形をした国。国土はほとんど高原上にあり、マラウイ湖が大きな面積を占める。北・北西はタンザニアと、東・南・南西はモザンビークと、西はザンビアと国境を接している。チェワ族が主流。

独立以降、アフリカでは珍しく対外戦争や内戦を経験しておらず“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)という別称を持つ 。

ザンビア

ザンビア共和国(ザンビアきょうわこく)、通称ザンビアは、アフリカ南部に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国のひとつである。かつてはイギリス領北ローデシアであった地域。内陸国であり、コンゴ民主共和国、タンザニア、マラウイ、モザンビーク、ジンバブエ、ナミビア、アンゴラ、ボツワナの8つの国に接している 。首都はルサカで、2018年に発表された世界平和度指数ランキングでは163か国中48位となり、アフリカでもっとも平和な国の一つとして評価されている。

正式名称は英語で、Republic of Zambia(リパブリック・オブ・ザンビア)。通称、Zambia(ザンビア)。

言語

Chichewa language (English)  Lingua chewa (Italiano)  Nyanja (Nederlands)  Chewa (Français)  Chichewa (Deutsch)  Língua nianja (Português)  Ньянджа (Русский)  Idioma chichewa (Español)  Język czewa (Polski)  齐切瓦语 (中文)  Chichewa (Svenska)  チェワ語 (日本語)  Ньянджа (Українська)  Нянджа (Български)  치체와어 (한국어)  Njandžan kieli (Suomi)  Bahasa Chichewa (Bahasa Indonesia)  Čevų kalba (Lietuvių)  Nyanja (Dansk)  Čičevština (Česky)  Çevaca (Türkçe)  Чева (Српски / Srpski)  Njandža keel (Eesti)  Čeva (Slovenčina)  Čičeva (Latviešu) 
 mapnall@gmail.com