言語 - ジャワ語

言語  >  ジャワ語

ジャワ語

ジャワ語(ジャワご、Basa Jawa、꧋ꦧꦱꦗꦮ、Bahasa Jawa、Javanese) は、オーストロネシア語族のに属している。を継承し、この語族の中で最長の文化的伝統と最多の使用者を持つ 。

ジャワ語は、インドネシア・ジャワ島の中央部から東で話されている言語であり、その本拠地はジャワ島東部および中部である。これに対し西部の西ジャワ州では主としてスンダ語が用いられているが、バンテン州 (Banten) の北方海岸地帯では再びジャワ語が用いられている。また19世紀以降行われた移民政策によって、ジャワ島以外にも、スマトラ島ランプン州 (Lampung)、マレーシア、ニューカレドニア、南米のスリナム共和国などにジャワ語圏がある 。

インドネシア共和国全人口約2.49億人 のうち、約1.37億人 がジャワ島に住んでおり、そのうち約7.5千万人 もの人々が日常生活でジャワ語を使用している。ジャワ語話者が公的な場面で意思疎通を行う場合、または異なる種族言語を話す者同士が意思疎通を行う場合、多くの場合で公用語であるインドネシア語が用いられている 。

本来ジャワ語はジャワ文字で記されるものであったが、20世紀後半からラテン文字に切り替えた。ジャワ語は、オーストロネシア語族のマレー・ポリネシア語派の(西マレー・ポリネシア語群)のスンダ語群に属する。言語学的に見て、マレー語、スンダ語、マドゥラ語、バリ語と深い関係がある。また、スマトラ島やボルネオ島の諸語、マダガスカル語といくらかの関係がある。

ジャワ語は中央ジャワから東ジャワにかけて話されている。また、西ジャワの北海岸でも同じように用いられている。マドゥラ島、バリ島、ロンボク島、および西ジャワのスンダ語地域において、文語として用いられる。パレンバン、南スマトラでの宮廷では、18世紀の終わりにオランダによって侵略されるまで宮廷語であった。

インドネシア

インドネシア共和国(インドネシアきょうわこく、Republik Indonesia)、通称インドネシアは、東南アジア南部に位置する共和制国家。首都はジャワ島に位置するジャカルタ。

5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える国家である。赤道にまたがる1万3,466もの大小の島により構成される 。人口は2億3,000万人を超える世界第4位の規模であり、また世界最大のムスリム人口を有する国家としても知られる。

スリナム

スリナム共和国(スリナムきょうわこく、Republiek Suriname)、通称スリナムは、南アメリカの北東部に位置する共和制国家で、東にフランス領ギアナ、西にガイアナ、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海、大西洋に面する。首都はパラマリボである。

正式名称はオランダ語で Republiek Suriname 。通称、Suriname スリナーメ。

言語

Javanese language (English)  Lingua giavanese (Italiano)  Javaans (Nederlands)  Javanais (Français)  Javanische Sprache (Deutsch)  Língua javanesa (Português)  Яванский язык (Русский)  Idioma javanés (Español)  Język jawajski (Polski)  爪哇語 (中文)  Javanesiska (Svenska)  Limba javaneză (Română)  ジャワ語 (日本語)  Яванська мова (Українська)  Явански език (Български)  자와어 (한국어)  Jaavan kieli (Suomi)  Bahasa Jawa (Bahasa Indonesia)  Javiečių kalba (Lietuvių)  Javánština (Česky)  Cava dili (Türkçe)  Јавански језик (Српски / Srpski)  Jaava keel (Eesti)  Javanski jezik (Hrvatski)  ภาษาชวา (ไทย)  Javiešu valoda (Latviešu)  Ιαβαϊκή γλώσσα (Ελληνικά)  Tiếng Java (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com