言語 - ウォロフ語

言語  >  ウォロフ語

ウォロフ語

ウォロフ語(Wölöf)はセネガル、ガンビア、モーリタニアにかけて住むウォロフ族の言語である。話者が最も多いのはセネガルで人口の40%のウォロフ族以外にも話者がいる。都市部では「ダカール・ウォロフ語」(ダカールはセネガルの首都)という、文法が簡略化され、フランス語、英語、アラビア語の混ざった言葉が話されている。セネガルの公用語でもあるフランス語で古くは Ouolof と表記されたが、近年では英語とともに Wolof というつづりが一般的である 。

* セネガル:母語話者が人口の40%の320万人、他40%が第二言語話者。ダカール、サンルイ、カオラック西部にかけて広がる。東部やカザマンスでは少ない。

* ガンビア:人口の15%の20万人が第一言語話者であるが首都のバンジュールで50%に達するため人口は少ないが社会的に影響力が強い。

* モーリタニア:人口の7%の18万5000人が話者で南岸部に限られる。

モーリタニア

2015年の人口は約406.8万人。


ガンビア

ガンビア共和国(ガンビアきょうわこく、Republic of the Gambia)、通称ガンビアは、西アフリカ西岸に位置する共和制国家。イギリス連邦加盟国であり(2018年に復帰 )、公用語は英語である。西は北大西洋に面し、ガンビア川の河口を除いた全土をセネガルに取り囲まれている。首都はバンジュール。

公用語である英語ではRepublic of the Gambia。通称Gambia 。

セネガル

セネガル共和国(セネガルきょうわこく、République du Sénégal )、通称セネガルは、西アフリカ、サハラ砂漠西南端に位置する共和制国家。北東にモーリタニア、東にマリ、南東にギニア、南にギニアビサウと国境を接している。セネガルはガンビア川の岸に沿った細長い国土を持つガンビアとも国境を接し、三方から囲んでいる。これによってセネガルの南部のカザマンス地方は残りの地域から隔てられている。西は大西洋に面し、カーボベルデと海上の国境を接している。セネガルの経済的・政治的首都はダカールである。セネガルは旧世界(アフロ・ユーラシア)の大陸部における最西の国である 。国名の由来は東と北の国境となるセネガル川にある。「Senegal」という名前はウォロフ語で「我々の船」を意味する「Sunuu Gaal」に由来する。

正式名称はフランス語で、République du Sénégal(レピュブリック・デュ・セネガル)。通称、Sénégal。

言語

Wolof language (English)  Lingua wolof (Italiano)  Wolof (Nederlands)  Wolof (Français)  Wolof (Deutsch)  Língua wolof (Português)  Волоф (Русский)  Idioma wólof (Español)  Język wolof (Polski)  沃洛夫語 (中文)  Wolof (Svenska)  Limba wolof (Română)  ウォロフ語 (日本語)  Волоф (Українська)  Волоф (Български)  월로프어 (한국어)  Wolofin kieli (Suomi)  Bahasa Wolof (Bahasa Indonesia)  Volofų kalba (Lietuvių)  Wolof (Dansk)  Wolof dili (Türkçe)  Volofi keel (Eesti)  Volof nyelv (Magyar)  Wolofski jezik (Hrvatski)  ภาษาโวลอฟ (ไทย)  Tiếng Wolof (Tiếng Việt) 
 mapnall@gmail.com