通貨 - マラウイ・クワチャ

通貨  >  マラウイ・クワチャ

マラウイ・クワチャ

MK
マラウイ・クワチャ (Malawian kwacha) は、マラウイで使用されている通貨単位。1971年にマラウイ・ポンドに代わって導入された(1ポンド=2クワチャ)。補助単位はタンバラ (tambala) で、1クワチャ=100タンバラ。

現行紙幣に描かれている肖像は、1915年に白人支配に反発して武装蜂起をしたジョン・チレンブウェである。

マラウイは、イギリス保護領ニアサランドの時代に南ローデシア・ポンドの流通が始まって以来、ポンドを通貨単位としていた(補助単位はシリング、フローリン、ペニー)。1964年の独立後も名称はマラウイ・ポンドとするものの依然ポンドを単位としていた。しかし、1968年に隣国ザンビアがイギリス支配の名残であるポンドを廃止して、より現地的な名称のクワチャへと変更し(ザンビア・クワチャ)、それに合わせてマラウイも1971年にクワチャを導入した。ただしザンビア・クワチャの補助単位がングェー(ngwee)であるのに対し、マラウイ・クワチャの補助単位はタンバラ (tambala) である。

マラウイ

マラウイ共和国(マラウイきょうわこく)、通称マラウイは、アフリカ大陸南東部に位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国である。旧称はイギリス保護領ニヤサランド(Nyasaland、ニアサは「湖」の意)。首都はリロングウェ、最大の都市はブランタイヤである。アフリカ大地溝帯に位置する内陸国である。マラウイ湖の西岸にあり、東西の幅は90-161km、南北の長さは900kmと南北に細長い形をした国。国土はほとんど高原上にあり、マラウイ湖が大きな面積を占める。北・北西はタンザニアと、東・南・南西はモザンビークと、西はザンビアと国境を接している。チェワ族が主流。

独立以降、アフリカでは珍しく対外戦争や内戦を経験しておらず“The Warm Heart of Africa”(アフリカの温かい心)という別称を持つ 。

言語

Malawian kwacha (English)  Kwacha malawiano (Italiano)  Malawische kwacha (Nederlands)  Kwacha malawien (Français)  Malawi-Kwacha (Deutsch)  Kwacha do Maláui (Português)  Малавийская квача (Русский)  Kwacha malauí (Español)  Kwacha malawijska (Polski)  馬拉威克瓦查 (中文)  Malawisk kwacha (Svenska)  マラウイ・クワチャ (日本語)  Малавійська квача (Українська)  말라위 콰차 (한국어)  Malawin kwacha (Suomi)  Kwacha Malawi (Bahasa Indonesia)  Malavio kvača (Lietuvių)  Malavi kwachası (Türkçe)  Малавијска квача (Српски / Srpski)  Malawi kvatša (Eesti)  Malawi kwacha (Magyar)  Malavijska kvača (Hrvatski)  Κουάτσα του Μαλάουι (Ελληνικά) 
 mapnall@gmail.com