地図 - カウナス (Kaunas)

世界 >  ヨーロッパ >  リトアニア・ソビエト社会主義共和国 >  カウナス県 >  カウナス

カウナス (Kaunas)

カウナス( リトアニア語・英語など :, ラトビア語 : Kauņa, ポーランド語 : Kowno, ロシア語 : Каунас)は、リトアニア第2の都市で、ソビエト連邦併合以前のリトアニアの首都(臨時)。人口は約355,550人(2008年)。リトアニアのほぼ中央に位置し、ネムナス川とニャリス川の合流点にある市の中心部は歴史的な町並で有名。ワルシャワからリガ・タリンを通ってヘルシンキに到る高速道路「Via Baltica」(en)の沿線にある。

カウナスの歴史は少なくとも10世紀まで遡ることができ、現存する文書で最初に登場するのは1361年のことであった。13世紀にはドイツ騎士団の攻撃から街を守る為に城壁が造られたという。1408年、マクデブルク法による特許を得て以後、重要な川港を擁する交易の中心地として発展を始める。1441年、ハンザ同盟の都市となり、同盟の商業事務所が置かれた。16世紀、リトアニア大公国の元で街は大きく発展した。17世紀から18世紀に掛けて、ロシア、スウェーデン、ナポレオン軍などの侵攻を受け、また疫病の流行などもあって街は荒廃した。1862年、ロシアとドイツを結ぶ鉄道が開通すると、カウナスは重要な中継地点となり、1892年には最初の発電所が稼働を始めた。1919年、それまで首都であったヴィリニュスがロシアに占領されると、リトアニア政府はこの街に移転して来た。そして翌1920年、ヴィリニュスがポーランドに併合されると、カウナスは臨時に首都となった(ただし憲法上はあくまでヴィリニュスが首都とされた)。

それから第二次世界大戦までの間、カウナスはリトアニア最大の都市として、工業的にも発展した。大戦が始るとリトアニアを含むバルト三国はポーランド東部と共にソ連に占領されたが、間もなくドイツ軍が侵攻し街は破壊された。戦後はソ連の一部となり、再び工業が盛んになった。リトアニアの工業生産の四分の一を担うまでになり、1966年にはトロリーバスが開通した。

1991年、ソ連の崩壊に先立ってリトアニアが独立すると、カウナスもその一部となり現在に至っている。

現在、市民の多くはリトアニア人である。ただしかつて19世紀において、リトアニア人の割合はわずか 6.6 % にすぎなかった 。

 

地図 - カウナス (Kaunas)

緯度 / 経度 : 54° 54' 0" N / 23° 54' 0" E | 標準時 : UTC+2:0 / UTC+3 | 通貨 : LTL | 電話機 : 370  

地図

Google Earth-地図-カウナス
Google Earth
オープンストリートマップ-地図-カウナス
オープンストリートマップ
地図-カウナス-Esri.WorldImagery
Esri.WorldImagery
地図-カウナス-Esri.WorldStreetMap
Esri.WorldStreetMap
地図-カウナス-OpenStreetMap.Mapnik
OpenStreetMap.Mapnik
地図-カウナス-OpenStreetMap.HOT
OpenStreetMap.HOT
地図-カウナス-OpenTopoMap
OpenTopoMap
地図-カウナス-CartoDB.Positron
CartoDB.Positron
地図-カウナス-CartoDB.Voyager
CartoDB.Voyager
地図-カウナス-OpenMapSurfer.Roads
OpenMapSurfer.Roads
地図-カウナス-Esri.WorldTopoMap
Esri.WorldTopoMap
地図-カウナス-Stamen.TonerLite
Stamen.TonerLite

写真

カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
カウナス
1 2 

国 - リトアニア・ソビエト社会主義共和国 (1918年-1919年)

リトアニアの国旗
リトアニア・ソビエト社会主義共和国(リトアニア・ソビエトしゃかいしゅぎきょうわこく、Lietuvos Tarybų Socialistinė Respublika、Литовская Советская Социалистическая Республика)とは、1918年から翌年にかけてリトアニアに短期間存在した暫定国家である。1918年12月8日に率いる暫定革命政府によって独立が宣言され、1919年2月27日に白ロシア・ソビエト社会主義共和国と合併しリトアニア=白ロシア・ソビエト社会主義共和国(リトベル共和国)を形成したことで消滅した。

1918年11月11日、ドイツ帝国の敗北により第一次世界大戦は終結し、ドイツ軍はから撤退を始めた。2日後の11月13日、ボリシェヴィキ政府(ソ連の前身)はリトアニアの独立を保障していたブレスト=リトフスク条約を破棄 。赤軍はプロレタリアによる世界革命を達成するために諸民族の独立運動をソビエトのものに取って換えることを目論み、エストニア、ラトビア、リトアニア、ポーランド、ウクライナなどの西方へ侵攻を開始した 。その軍は撤退するドイツ軍を追いかける形で続き、12月末までにリトアニアに達した 。
通貨 / 言語  
ISO 通貨 シンボル 有効数字
EUR ユーロ (Euro) 2
ISO 言語
PL ポーランド語 (Polish language)
LT リトアニア語 (Lithuanian language)
RU ロシア語 (Russian language)
町字 - 国  
  •  ポーランド 
  •  ラトビア 
  •  ロシア 
  •  ベラルーシ 

行政区画

都市, 村,...

Facebook

 mapnall@gmail.com