地図 - スオメンリンナの要塞 (Suomenlinna)

世界 >  ヨーロッパ >  フィンランド >  ウーシマー県 >  Helsinki >  ヘルシンキ >  スオメンリンナの要塞

スオメンリンナの要塞 (Suomenlinna)

スオメンリンナの要塞(スオメンリンナのようさい)は、フィンランドの首都ヘルシンキ市内の6つの島の上に建造された海防要塞。ユネスコの世界遺産に登録されており、観光客のみでなく、地元民にとっても、美しい行楽地として人気がある。当初の名前はスヴェアボリ(Sveaborg, スウェーデンの要塞)だったが、1918年に愛国主義的な理由からスオメンリンナ(スオミの城塞)と改称された。これは、星型要塞の一例である。

1748年にスウェーデン=フィンランドはロシア帝国に対する守りを目的として要塞の建造に着手した。総責任者に任命されたのは、Augustin Ehrensvärdであり、その当初案には当代きっての築城の名手ヴォーバンの思想の強い影響が見られた。

島の要塞自体に加えて、本土の臨海要塞群が足がかりとなる海岸堡を築けないようにしていた。また、計画には駐留スウェーデン海軍とフィンランド分遣隊全体の軍需品の備蓄も盛り込まれていた。フィンランド戦争中の1808年5月3日に要塞はロシア軍に占領され、1809年のロシア軍によるフィンランド占領の足がかりとなった。この時には実害がほとんどなかったが、1855年のクリミア戦争のときには、イギリス海軍とフランス海軍による艦隊の艦砲射撃で損害を被った。

1973年には民政下に置かれ、1991年に世界遺産に登録された 。

 

地図 - スオメンリンナの要塞 (Suomenlinna)

緯度 / 経度 : 60° 8' 52" N / 24° 59' 8" E | 標準時 : UTC+2:0 / UTC+3 | 通貨 : EUR | 電話機 : 358  

写真

スオメンリンナの要塞--Suomenlinna aerial

Suomenlinna aerial
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
スオメンリンナの要塞
1 2 3 

国 - フィンランド

フィンランドの国旗
フィンランド共和国(フィンランドきょうわこく、Suomen tasavalta、Republiken Finland)、通称フィンランドは、北ヨーロッパに位置する共和制国家。北欧諸国の一つであり、西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し、南はフィンランド湾を挟んでエストニアが位置している。

中立的外交の裏では、外交・安全保障やエネルギー政策を巡り東西の綱引きが行われている。国内には原子力発電所があり、オンカロ処分場は2020年に開設されれば世界初の使用済み核燃料の最終処分場となる。情報産業も政治と関係しており、公職経歴者が民間企業の幹部になる例として、エスコ・アホという首相経験者がノキア取締役を務めているようなことがある。
通貨 / 言語  
ISO 通貨 シンボル 有効数字
EUR ユーロ (Euro) 2
ISO 言語
FI フィンランド語 (Finnish language)
SV スウェーデン語 (Swedish language)
地図  
町字 - 国  
  •  ロシア 
  •  ノルウェー 
  •  スウェーデン 

Facebook

 mapnall@gmail.com