地図 - メルス・エル・ケビール (Mers el Kebir)

世界 >  アフリカ >  アルジェリア >  オラン県 >  メルス・エル・ケビール

メルス・エル・ケビール (Mers el Kebir)

メルス・エル・ケビール(المرسى الكبير, Mers El Kébir)は、アルジェリアの都市。メルス・エル・ケビール(アル=マルサー・アル=カビール)とはアラビア語で「大きな港」を意味し、その名の通り地中海に面する港町である。オラン市の西隣に位置し、オラン県に属する。

メルス・エル・ケビールはローマ帝国時代に建設され、12世紀にはアルモハード朝によって海軍基地が置かれた。15世紀にはトレムセンのザイヤーン朝の支配下に入ったものの、1492年には海賊の支配下となった。その後短期間にオスマン帝国やポルトガルの占領下に入ったのち、1505年にはスペインのフランシスコ・ヒメネス・デ・シスネロス枢機卿の軍によって占領された。

シスネロスはここを拠点に隣接するオランの攻略を目指したが、1509年にメルス・エル・ケビールを襲った災害によって断念を余儀なくされた。スペインは1708年までこの街を支配したが、同年オスマン帝国のベイであるムスタファ・ベン・ユーセフによって追放された。スペインは1732年にモンテマール公爵の指揮の元メルス・エル・ケビールに再び来襲し、アイン・エッ=トゥルクの戦いに勝利してメルス・エル・ケビールとオランを奪取した。その後はスペイン領となったものの、1792年にカルロス4世 (スペイン王)はオスマン帝国のアルジェ知事に両市を売却した。

1830年にはフランス領となり、市名はサン・アンドレ・デ・メルス・エル・ケビールと改称された。1868年には港湾機能が強化され大灯台が建設された が、灯台は第2次世界大戦中に破壊された。

1940年7月3日にはイギリス海軍とヴィシー・フランスのフランス海軍との間で港内にてメルセルケビール海戦が勃発した。第2次世界大戦後もフランス軍はこの港を海軍基地として使い続け、1962年に締結されたアルジェリア独立のためのエビアン協定においても、フランス軍は15年間メルス・エル・ケビール港を使用し続ける権利を獲得したが、実際には5年後にはフランス軍はすべて撤退した。

 

地図 - メルス・エル・ケビール (Mers el Kebir)

緯度 / 経度 : 35° 43' 40" N / 0° 42' 29" W | 標準時 : UTC+1 | 通貨 : DZD | 電話機 : 213  

国 - アルジェリア

アルジェリアの国旗
アルジェリア民主人民共和国(アルジェリアみんしゅじんみんきょうわこく)、通称アルジェリアは、北アフリカのマグリブに位置する共和制国家。東にチュニジア、リビアと、南東にニジェールと、南西にマリ、モーリタニアと、西にモロッコ、サハラ・アラブ民主共和国と国境を接し、北は地中海に面する。地中海を隔てて北に旧宗主国のフランスが存在する。首都はアルジェ。

アフリカ世界と地中海世界とアラブ世界の一員であり、アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。2011年7月9日の南スーダン独立によりスーダンが分割(すなわち縮小)されたことで、スーダンを超えアフリカ大陸で最も領土が広い国となった。世界全体でも第10位の領土面積を誇る。
通貨 / 言語  
ISO 通貨 シンボル 有効数字
DZD アルジェリア・ディナール (Algerian dinar) دج 2
ISO 言語
AR アラビア語 (Arabic language)
地図  
地図-アルジェリアAlgeria_relief_location_map.jpg
Algeria_relief_locat...
1287x1279
地図-アルジェリアsatellitenkarte-algerien.jpg
satellitenkarte-alge...
2478x2177
地図-アルジェリアAlgeria_regions_map.jpg
Algeria_regions_map....
1959x2000
地図-アルジェリアimage.jpg
image.jpg
1408x1716
地図-アルジェリアimage.jpg
image.jpg
1408x1715
町字 - 国  
  •  チュニジア 
  •  モロッコ 
  •  モーリタニア 
  •  リビア 
  •  マリ共和国 
  •  ニジェール 
  •  西サハラ 

Facebook

 mapnall@gmail.com