地図 - リウネ州 (Rivnens’ka Oblast’)

世界 >  ヨーロッパ >  ウクライナ・ソビエト社会主義共和国 >  リウネ州

リウネ州 (Rivnens’ka Oblast’)

ウクライナの北西部に位置する。面積は20,047 km。

2001年ウクライナ国勢調査によるデータ。

* リウネ州合同庁の公式サイト

 

地図 - リウネ州 (Rivnens’ka Oblast’)

緯度 / 経度 : 51° 0' 0" N / 26° 30' 0" E | 標準時 : UTC+2:0 / UTC+3 | 通貨 : UAH | 電話機 : 380  

地図

Google Earth-地図-リウネ州
Google Earth
オープンストリートマップ-地図-リウネ州
オープンストリートマップ
地図-リウネ州-Esri.WorldImagery
Esri.WorldImagery
地図-リウネ州-Esri.WorldStreetMap
Esri.WorldStreetMap
地図-リウネ州-OpenStreetMap.Mapnik
OpenStreetMap.Mapnik
地図-リウネ州-OpenStreetMap.HOT
OpenStreetMap.HOT
地図-リウネ州-OpenTopoMap
OpenTopoMap
地図-リウネ州-CartoDB.Positron
CartoDB.Positron
地図-リウネ州-CartoDB.Voyager
CartoDB.Voyager
地図-リウネ州-OpenMapSurfer.Roads
OpenMapSurfer.Roads
地図-リウネ州-Esri.WorldTopoMap
Esri.WorldTopoMap
地図-リウネ州-Stamen.TonerLite
Stamen.TonerLite

国 - ウクライナ・ソビエト社会主義共和国

ウクライナの国旗
16世紀以来「ヨーロッパの穀倉」地帯として知られ、19世紀以後産業の中心地帯として大きく発展している。天然資源に恵まれ、鉄鉱石や石炭など資源立地指向の鉄鋼業を中心として重化学工業が発達している。

キエフ大公国が13世紀にモンゴル帝国に滅ぼされた後は独自の国家を持たず、諸侯はリトアニア大公国やポーランド王国に属していた。17世紀から18世紀の間にはウクライナ・コサックの国家が興亡し、その後ロシア帝国の支配下に入った。第一次世界大戦後に独立を宣言するも、ロシア内戦を赤軍が制したことで、ソビエト連邦内の構成国となった。1991年ソ連崩壊に伴い独立した。
通貨 / 言語  
ISO 通貨 シンボル 有効数字
UAH フリヴニャ (Ukrainian hryvnia) 2
ISO 言語
HU ハンガリー語 (Hungarian language)
PL ポーランド語 (Polish language)
RU ロシア語 (Russian language)
UK ウクライナ語 (Ukrainian language)
町字 - 国  
  •  ハンガリー 
  •  ポーランド 
  •  モルドバ 
  •  ルーマニア 
  •  ロシア 
  •  ベラルーシ 
  •  スロバキア 

Facebook

 mapnall@gmail.com